ホワイト企業大賞とは

 ホワイト企業という言葉が、最近使われるようになってきた。これはブラック企業の対極にあるということだろう。「ブラック企業」とは、セクハラ、パワハラ、過酷な労働、劣悪な作業環境、給料や残業代の未払いなど、社員の幸せをかえりみない経営をしている企業、あるいは公害の垂れ流しや公序良俗に反するような反社会的な企業をさす。昔は、「女工哀史」、「蟹工船」、「公害」などに象徴されるブラック企業が多かったが、時代とともに法律がその存在を許さなくなってきている。にもかかわらず、いまだにブラック企業が話題になっている。

 一方、経営者の徳が高く、社員思いで、ホワイト企業と呼べるような企業も、昔から存在した。不思議なことに、一般にブラック企業より、ホワイト企業の方が業績は良い。社員を犠牲にして利益を追求しているブラック企業よりも、社員の幸せを大切にしているホワイト企業の方が、利益はあがっているのだ。おそらく、合理的に利益を追求するよりも、社員の人間性や「やる気」を尊重するほうが、企業の業績や成長に貢献するという事だろう。

 とすれば、ホワイト企業の数が増えれば、幸せな人が増え、社会はより良い方向へ進化し、おまけに企業の業績もあがり、経済も活性化し、国力も増し、良いことずくめになる。

 日本の社会にホワイト企業がどんどん増えてほしい、という願いを込めて、ここに「ホワイト企業大賞」を設ける。ここでは「ホワイト企業」の定義を、下記のように簡潔に定める。

ホワイト企業 = 社員の幸せと働きがい、社会への貢献を大切にしている企業

以下、詳細を記す。

  1. 「ホワイト企業大賞」ならびに、それに付随する賞(年によって異なる)を、年一回選定し公表、表彰する。
  2. 有識者からなる「ホワイト企業大賞」企画委員会を設置する。受賞候補の募集と絞り込み、受賞企業の選定など、一連の業務をこの委員会が担う。
  3. 受賞候補は、規模の大小、業種、などは一切問わない。また、必ずしも企業に限定されることなく、役所、NGO,NPO、任意団体も含まれる。ただし、主たる設置場所が日本国内であることが条件。推薦は自薦他薦など自由。

ホワイト企業大賞 企画委員長
天外伺朗

幸福学 X 経営学鼎談.jpg

「これからの働き方、生き方の探求」

teidanpho2.jpg

今回の鼎談では、「幸福学」研究の第一人者・慶應義塾大学大学院教授の前野隆司氏、「生命が喜ぶ経営」を探求する経営学者 小森谷浩志氏、「フロー経営」、「人間性経営」を追求する天外伺朗氏の3名で、どうしたら「働く=幸せ」につながっていくの>か、そして、これからの経営のあり方はどう変化していくのか、ホワイト経営って何だろう?組織をホワイト企業的な組織にするには?など、ホワイト経営に興味・関心をお持ちの経営者・経営を志す方々と考察を深めてまいります。
ファシリテーターはホワイト企業大賞企画委員でもあるジャーナリスト瀬戸川礼子氏。
ホワイト企業大賞企画委員の4名が集う貴重な機会です。
どうぞ、ご期待ください。

お申込みはこちらから

特別公開講座.pdf

【講師プロフィール】

前野 隆司(まえの・たかし)

maeno.jpgのサムネイル画像慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科委員長・教授
1984年東工大卒業、1986年同大学修士課程修了。キヤノン株式会社、カリフォルニア大学バークレー校訪問研究員、ハーバード大学訪問教授等を経て現在慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科委員長・教授。博士(工学)。 著書に『幸せのメカニズム』(講談社現代新書)、『脳はなぜ「心」を作ったのか』(筑摩書房)など多数。 専門は、システムデザイン・マネジメント学、地域活性化、教育工学、幸福学など。

小森谷 浩志(こもりや・ひろし)

komoriya.jpgのサムネイル画像博士(経営学)、株式会社ENSOU代表取締役社長、神奈川大学経営学部講師/ホワイト企業大賞企画委員
"生命が喜ぶ経営"をテーマに活動。具体的には内省と対話を通じて①経営チーム育成、②部門横断型組織活性化、③生き方、働き方再発見に取り組む。自覚の方法論として東洋の智慧に着目、頭で理解するだけでなく、身体で体得する深いワークショップを展開している。趣味は瞑想と気功。
リーダーシップと組織開発を専門とし「内省と対話」をキーワードに研究・教育活動を展開してきた。
主な著作、論文として、『協奏する組織』、『「フロー理論型」マネジメント戦略』、「不透明な時代のリーダーシップ開発」(日本マネジメント学会)、「経営理念の策定から浸透プロセスに対する一考察」(日本経営診断学会)等

天外 伺朗(てんげ・しろう)

講師写真ホワイト企業大賞企画委員長/天外塾主宰/フロー・インスティテュート代表
元ソニー上席常務。工学博士(東北大学)。1964年、東京工業大学電子工学科卒。ソニーに42年余勤務。その間、CD、ワークステーションNEWS、犬型ロボットAIBOなどの開発を主導。また、脳科学と人工知能を統合した新しい学問「インテリジェンス・ダイナミクス」を提唱した。
現在は病院に代わる「ホロトロピック・センター」の設立推進など医療改革や、企業経営者のための「天外塾」を開いて経営改革に取り組むほか、教育改革へも手を拡げている。著書に『経営者の運力』『非常識経営の夜明け』『マネジメント革命』『GNHへ』『教育の完全自由化宣言!』『運命の法則』『「教えないから人が育つ」横田英毅のリーダ学』『「日本一労働時間が短い"超ホワイト企業"は利益率業界一!」 山田昭男のリーダー学 』など多数。など多数。

瀬戸川 礼子(せとがわ・れいこ)

講師写真社員のやりがい、顧客満足、おもてなし経営などを主題に、全国2500人以上の経営者と、それ以上の社員に出会ってきた。取材歴は24年になる。その過程で、「成功のコツは共通している」ことに気付く。これを広めるため、製造業、病院、建設業、IT企業、宿泊飲食業など、あらゆる業種業態を対象に、①取材活動、②講演・研修活動、③コンサルタント活動を行なっている。 法政大学専門職大学院卒(MBA)、経済産業省「おもてなし経営企業選」 選考委員、中小企業庁「中小企業政策審議委員会」委員、ホワイト企業大賞委員などを歴任。著書に、『顧客満足の失敗学』(同友館)、『顧客満足度を生み出す仕組み』(同)、『おもてなしの原点  女将さんのこころ 1巻・2巻』(旅行新聞新社)などがある。

【開催概要】

日時 2016年6月8日(水) 18:30~20:15(18:15開場)
*同会場にて懇親会あり(立食パーティ形式)20:30~21:30
会場

C-Lounge
http://www.the-c.tokyo
東京都千代田区神田1-15-10 The C 地下1F
JR各線「神田」駅西口まで徒歩7分、都営新宿線「小川町」駅B6出口まで徒歩4分

参加費

1名参加 15,000円(税込)
2名参加 27,000円(税込)10%OFF
3名参加 36,000円(税込)20%OFF
4名以上 13,000円(税込)×人数
※参加費は懇親会費込みとなっております。
※懇親会に参加されない方は、1名につき13,000円(税込)となります。
(恐れ入りますが、事前振込と振込料のご負担をお願い致します。)
定員 60名
主催 ホワイト企業大賞企画委員会

キャンセル規定
~8日前 事務手数料1,000円
7日前~3日前 参加費の50%
2日前~当日、開催後 参加費の100%

お問い合わせ:

ホワイト企業大賞事務局 石川・後藤  info@whitecompany.jp

詳しく見る

-->

ホワイト企業大賞企画委員会

主催 ホワイト企業大賞企画委員会
共催 天外塾/一般社団法人フロー・インスティテュート
企画委員長 天外 伺朗  天外塾主宰/一般社団法人フロー・インスティテュート代表理事/ホロトロピック・ネットワーク代表
委員会メンバー 小森谷 浩志  株式会社ENSOU代表取締役
瀬戸川礼子  Riveroffice/ジャーナリスト/中小企業診断士
辻  秀一  スポーツドクター/東京エクセレンス代表
西川 敬一  株式会社ブロックス 代表取締役社長
原田 隆史  株式会社原田教育研究所 代表取締役社長
前野 隆司  慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科委員長・教授
森田 貴英  映画「降りてゆく生き方」プロデューサー・脚本/弁護士
八木 陽一郎  ユニティガードシステム株式会社 代表取締役社長/南山大学大学院 人間文化研究科 非常勤講師
横田 英毅  ネッツトヨタ南国株式会社 取締役相談役
事務局 石川 公子、大前 みどり、村中 剛志、後藤 康之
お問い合わせ ホワイト企業大賞 企画委員会 事務局
〒102-0084 東京都千代田区二番町1-2 番町ハイム234 フロー・インスティテュート内
info@whitecompany.jp