ホワイト企業大賞とは

 ホワイト企業という言葉が、最近使われるようになってきた。これはブラック企業の対極にあるということだろう。「ブラック企業」とは、セクハラ、パワハラ、過酷な労働、劣悪な作業環境、給料や残業代の未払いなど、社員の幸せをかえりみない経営をしている企業、あるいは公害の垂れ流しや公序良俗に反するような反社会的な企業をさす。昔は、「女工哀史」、「蟹工船」、「公害」などに象徴されるブラック企業が多かったが、時代とともに法律がその存在を許さなくなってきている。にもかかわらず、いまだにブラック企業が話題になっている。

 一方、経営者の徳が高く、社員思いで、ホワイト企業と呼べるような企業も、昔から存在した。不思議なことに、一般にブラック企業より、ホワイト企業の方が業績は良い。社員を犠牲にして利益を追求しているブラック企業よりも、社員の幸せを大切にしているホワイト企業の方が、利益はあがっているのだ。おそらく、合理的に利益を追求するよりも、社員の人間性や「やる気」を尊重するほうが、企業の業績や成長に貢献するという事だろう。

 とすれば、ホワイト企業の数が増えれば、幸せな人が増え、社会はより良い方向へ進化し、おまけに企業の業績もあがり、経済も活性化し、国力も増し、良いことずくめになる。

 日本の社会にホワイト企業がどんどん増えてほしい、という願いを込めて、ここに「ホワイト企業大賞」を設ける。ここでは「ホワイト企業」の定義を、下記のように簡潔に定める。

ホワイト企業 = 社員の幸せと働きがい、社会への貢献を大切にしている企業

以下、詳細を記す。

  1. 「ホワイト企業大賞」ならびに、それに付随する賞(年によって異なる)を、年一回選定し公表、表彰する。
  2. 有識者からなる「ホワイト企業大賞」企画委員会を設置する。受賞候補の募集と絞り込み、受賞企業の選定など、一連の業務をこの委員会が担う。
  3. 受賞候補は、規模の大小、業種、などは一切問わない。また、必ずしも企業に限定されることなく、役所、NGO,NPO、任意団体も含まれる。ただし、主たる設置場所が日本国内であることが条件。推薦は自薦他薦など自由。

ホワイト企業大賞 企画委員長
天外伺朗

ホワイト企業大賞企画委員会

主催 ホワイト企業大賞企画委員会
共催 天外塾/一般社団法人フロー・インスティテュート
企画委員長 天外 伺朗  天外塾主宰/一般社団法人フロー・インスティテュート代表理事/ホロトロピック・ネットワーク代表
委員会メンバー 小森谷 浩志  株式会社ENSOU代表取締役
瀬戸川礼子  Riveroffice/ジャーナリスト/中小企業診断士
辻  秀一  スポーツドクター/東京エクセレンス代表
西川 敬一  株式会社ブロックス 代表取締役社長
原田 隆史  株式会社原田教育研究所 代表取締役社長
前野 隆司  慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科委員長・教授
森田 貴英  映画「降りてゆく生き方」プロデューサー・脚本/弁護士
八木 陽一郎  ユニティガードシステム株式会社 代表取締役社長/南山大学大学院 人間文化研究科 非常勤講師
横田 英毅  ネッツトヨタ南国株式会社 取締役相談役
事務局 石川 公子、大前 みどり、村中 剛志、後藤 康之
お問い合わせ ホワイト企業大賞 企画委員会 事務局
〒102-0084 東京都千代田区二番町1-2 番町ハイム234 フロー・インスティテュート内
info@whitecompany.jp